プロフィール

 

Profile ープロフィールー

 
 

私は会社員時代、長年にわたり県内IT業界最大手の企業に勤め、コピー機やプリンターやFAXといった複合機の保守メンテナンスを行うカスタマーエンジニアとして仕事をしてまいりました。

また、その傍ら自社の広告宣伝やイベント企画といった部門に所属し、デザイナー兼プロデューサー的な役割も担ってきました。

まさに複合機のように一台で何役もこなしながら・・・

朝から夕方まで現場をまわり、夜はデザインルームで広告やパンフレットを製作し、ときには夜中までパソコンの前で作業する、なんてこともありました。

外回りもデザインも大好きで、夢中になっていました。

そんなある日・・・

私は交通事故に遭い左脚に大きな怪我を負いました。

38歳の9月でした。

はじめは、一生車椅子生活か、良くなっても普通に生活出来るかは分からない状態だったそうです。

そんな失意の中で、私は偶然にも心理の世界に出会いました。

これまでは、
頑張ることこそ素晴らしく
弱音を吐かず辛いことに耐え
誰よりも素早く効率よく仕事をこなし
必死に生きることこそ男の人生と
ただただ信じて生きてきた私には
ある意味、真逆の世界観でした。

そんな「今までの逆をやってみる」ということは実際にはとても難しく正直抵抗もありましたが、

えいっ!と恐る恐る実践してみると・・・

不思議と何故だか心が軽くなり、目の前の現実も少しずつではありますが変化していきました。

私は自分と向き合い、まるで自分自身を人体実験するかように、試行錯誤を繰り返しながら「今までならやらなかったこと」にチャレンジしていくようになりました。

もちろん上手くいったことだけではありません。

失敗や恥ずかしい思いをしたこともありました。

ですが、そんな様々な経験のおかげでようやく私は自分の「夢」や「天職」に出会うことが出来ました。

また、幸運にも私は治療を続けていく中で多くの方々の温かいご支援とご協力のお陰様で少し障害は残りましたが、なんとか歩けるようになりました。

交通事故にあって不自由な体になった私を暖かく励まし見守ってくださった多くの方々や、障害が残ってからも仕事を続けさせてくれた会社には大変感謝しております。

自分らしく生きることで溢れ出る心からの笑顔や一人一人の心の豊かさが世界中に広がることを信じ

私は、これまで生きてきたなかで出会った経験という「人生のギフト」をこれから先、出会う多くの方々にお伝えしていきます。