hhcの強み

hhc strength
ーhhc3つの強みー
「hope」「 harmony 」「community」

 

 
hope ー真の希望を叶えるー

 
 

心の中に秘めて動き出していない希望・夢を形にするためのサポートを大切にしています。

私は事故をした後に「本当にやりたいことを人生でやれていなかったこと」を痛感し、自分の真の希望や願望を現実的な行動に移し始め、人生自体が大きく変わりました。

かつての私と同じように、自分のことよりも会社全体の利益などに意識が向くことで、「本当はやりたいこと・夢・理想」が心の中だけにある状態でいる人は少なくないと思います。

「希望・夢」とは「自分らしさ」であり、「真の希望」にはとてつもない力があると信じています。

hhcはクライアントが心の内に秘めたままでまだ表現されていない希望を少しずつでも動き出させるサポートをしていきます。

 
 

 
harmony ー本質との調和ー

 
 

全てを失う経験をしたことから理解した「生命」「仕事」「人生」の本質と調和するための経営方針を大切にしています。

私は交通事故に遭ったことにより、自分が数十年人生で打ち込んできたスポーツや外回りの営業の仕事なども全て手放さなければならなくなりました。

そのことがきっかけで、「自分は何の為に生きているのか?」「本当にやりたいことは何なのか?」「仕事は何のためにあるのか?」など、ものごとの本質に関係することに意識が向くようになりました。

それから、生活において「本当の自分と調和しないと感じるもの」は徐々に手放し、「本当の自分と調和すると感じるもの」を段々と増やしていきました。

そして、その結果自分では想像もできなかったようなたくさんの「ギフト」を受け取ることができました。

自分の人体実験を通じて「人は自分を生きれば豊かな人生を送ることができる。」ということが分かってきました。

この経験も踏まえてhhcが提供する全てのサービスでは、利益や成果を効率的に上げる方法を教えるなど「その場限りの解決策」を提供するのではなく、

企業の本質でもある「人そのもの(心の状態)」に焦点を絞ることで、「利益の面」でも「働く個人の心の状態の面」でも両方の調和とれるような解決策を「自分で」出せるようにサポートすることを大切にしています。

人は自分と調和することで、自分で最高最善の答えを出すことができ、実際に良い結果を生み出すことができます。

このように「個人の内面の調和」から「組織全体の調和」、ひいては「地域全体の調和」へと波を広げていくためにサポートをさせていただきます。

 
 

 
community ー地域性の重視ー

 
 

地域密着型のため対面で密にプロジェクトを進めることができます。

hhcは一対一の心の繋がりを最も重視しているため、クライアントの心から信頼できる仲間・サポーターのように手助けすることが出来ます。

実際に働く人たちが求めているのは「より利益を上げるアドバイスをする人」よりも、まずは「安心して一緒に居られる仲間」なのではないかと思います。

そして、人は安心さえすれば、自分で最高最善の答えを出すことができます。

そのためhhcは地域密着型の密なコミュニケーションを重視し、クライアントが自分らしさを安心して表現できるようにサポートいたします。